> カテゴリ
全体
未分類
> フォロー中のブログ
亀井氏「踏みつけられてもバカにされても…」 民主と選挙協力(産経新聞)
 国民新党代表の亀井静香前金融・郵政改革担当相は14日、金融庁で退任の記者会見を行い、今国会での成立が見送られた郵政改革法案について「次の国会で最優先で成立させると(民主党と)約束した。政党間の約束が守らなければ政党政治は死んでしまう」と述べ、参院選後の臨時国会での成立に向け、民主党を牽制(けんせい)した。

 亀井氏は、今国会での成立を目指すという民主党との当初の約束がほごにされたことについて「たたかれても踏みつけられても、バカにされても軽んじられても、はらわたが煮えくり返ったって、いちるの望みがあればそれを求めていく」と発言。参院選後の成立を期し、民主党との選挙協力を進める考えを改めて強調した。


 さらに「その都度の世論と称するものに身を委ね、選挙に勝つことだけを考えた政治をやれば、その国は大変な事態に立ち至る」と述べ、支持率の回復を受けて、国会の会期延長に応じず、参院選の実施を急ぐ民主党の姿勢を批判した。

 また、約8カ月の在任中に成立させたモラトリアム法案(中小企業金融円滑化法)について触れ、「社会的責任を果たそうという金融機関も出ている」と指摘し、成果を強調した。

 亀井氏は、郵政改革法案を今国会で成立させられなかったとして、11日未明に担当相辞任を表明。14日の会見前に行った事務引き継ぎでは自見庄三郎担当相と固く握手を交わし、「立派な大臣が誕生した」とエールを送った。

【関連記事】
資金依存、脱却を 全国郵便局長側8億円資金提供
宙に浮く郵政経営 限度額引き上げは秋以降?
民主党支持率「V字回復」は自己否定ではないか
「サインしたら信じるでしょ」 そりゃそうだが…
“イラ菅”早くも…記者団に逆ギレ連発「何の批判ですか」
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

福井・竜脚類恐竜に学名 国内産の化石では4件目(産経新聞)
<裁判員裁判>強盗致傷「指示」の男懲役9年 東京地裁判決(毎日新聞)
はやぶさ カプセル輝きながら地球帰還…発光現象撮影(毎日新聞)
明大での「ザ・コーヴ」上映会中止(時事通信)
岳父の「上野」に改姓、「みんな」の比例候補に(読売新聞)
[PR]
# by amnmxtbbpg | 2010-06-15 13:55
ラガーシャツ、心は熱いクールビズ 「花園」の東大阪市(産経新聞)
 夏の衣服の軽装運動「クールビズ」初日の1日、大阪府東大阪市役所で一部の職員が市内の近鉄花園ラグビー場にちなみ、ラガーシャツを着て勤務を始めた。

 新たな取り組みで9月末まで実施。9年後に日本で開催されるラグビーワールドカップの試合の花園開催を目指し、市民に誘致活動をPRするのが狙い。

 ラガーシャツ姿で野田義和市長は「市民とスクラムを組み、誘致に全力で取り組む」。涼しげな半袖姿とは裏腹に、庁内は熱気に包まれそう。

【関連記事】
亀井氏、クールビズ閣議に“造反” 「着せ替え人形じゃあるまいし」
発想は幸夫人の…首相“奇抜”ファッション支持率の行方
紳士用のジャージージャケットが人気 着心地は楽チン 見た目はきちん
「クールビズ廃止して」ネクタイ業界、環境相に陳情書
重さ10分の1 シワなし、派手…「スーツ」高機能化どこまで
「はやぶさ」帰還へ

松屋浅草 日本最古の屋上遊園地、31日閉鎖(毎日新聞)
日米合意に「辺野古」なら福島氏、閣議で署名せず(読売新聞)
橋下府知事、知事会合意は「幼稚園」レベルと批判(産経新聞)
民主の参院選公約、月内決定見送り(読売新聞)
前原国交相「考えは官邸に伝えた」 辻元氏の後任副大臣 (産経新聞)
[PR]
# by amnmxtbbpg | 2010-06-03 19:02
郵便不正 弁護側「異例の判断」 検察側は敗北感にじませ(毎日新聞)
 「一日も早く無罪を」−−。障害者団体への郵便料金割引制度を悪用した郵便不正事件で、厚生労働省元局長、村木厚子被告(54)の公判が26日、大阪地裁で開かれ、厚労省元係長の捜査段階での供述調書など、検察にとって重要な供述調書がほとんど証拠採用されなかった。村木被告もこの決定を高く評価し、弁護団も無罪への手応えを示した。一方、検察幹部からは「極めて厳しい判断」と敗北感をにじませる声が漏れた。

 村木被告の主任弁護人の弘中惇一郎弁護士ら3人は公判後、大阪市内で会見。検察側にとって重要な証拠の不採用決定を受け、「無罪判決に確信を持った」と自信を深めつつ、「正直ほっとしています」と本音も語った。

 最も関心を寄せていたのは、厚労省元係長、上村勉被告(40)の供述調書が証拠採用されるかどうかだった。15通すべてを却下した結果に、弘中弁護士は「無罪判決が出ることは動かしがたい状況だ」と言葉に力を込めた。

 横田信之裁判長は2時間半近くをかけ、8証人それぞれの調書について、証拠採否の判断とその理由を述べた。弘中弁護士は「理由は簡単に説明するだけと思っていた。極めて異例だ。しっかりした論理構築のうえで出した決定だと示したかったのだろう」と評価した。

 また横田裁判長が、描いたストーリーに合わせた調書を作成する大阪地検特捜部の捜査の進め方を批判した点についても、「誘導を理由に調書の採用を却下した。これまでまかり通ってきた検察、特捜のやり方をかなり具体的に厳しく批判した。内容も着眼点も高く評価できる」と話した。

 村木被告は会見に姿を見せなかったが、「裁判所がていねいに証拠を検討してくださったことに感謝しております。一日も早く無罪が明らかになり、社会復帰できる日が来ることを心から願っております」とのコメントを出した。

 一方、ある検察幹部は「なかなか厳しい。(無罪)判決の行方が見えてしまった」と肩を落とした。玉井英章・大阪地検次席検事は「公判係属中であるので、コメントは差し控えたい」との談話を出した。【苅田伸宏】

 ◇「やはり潔白だった」厚労省職員

 村木被告に無罪判決が言い渡される公算が大きくなったことで、厚生労働省の職員からは「やはり潔白だったのか」などと安堵(あんど)の声が上がる一方、検察の捜査に対する強い不満も漏れた。

 ある幹部は「偽の証明書の発行は、不正の記録をわざわざ残すということ。普通の役人なら絶対にやらないことだと初めから思っていた。検察の捜査が見込み違いだったとしたら、あまりにもお粗末」と語った。

 別の幹部は「村木さんは仕事も優秀で、職員の中でも不正から最も縁遠い人だった。厚労省にとって、今日一番のいいニュース」と手放しで喜んだ。

 ある職員は「順調に出世していた人が、不正をしてまで便宜を図る理由があるのか疑問だった。検察は一体何をやろうとしたのか。早く無罪判決が出て、潔白が証明されてほしい」と話した。

 厚労省によると、村木被告は現在、休職扱いで、無罪が確定すれば復職できる。ある幹部は「局長まで上り詰めた人なので、どのポストが適切かは難しいが、障害者政策のエキスパートとして再び力を発揮してほしい」と期待を寄せた。【佐々木洋】

【関連ニュース】
郵便不正:村木被告無罪の公算大 元部下の供述調書不採用
郵便不正:「凜の会」発起人に有罪判決 大阪地裁
郵便不正事件:「凜の会」で控訴…大阪地検
障害者郵便割引不正:「凜の会」代表、偽公文書作成は無罪
郵便不正公判:村木被告、涙で無罪主張 関与改めて否定

不同意堕胎 逮捕の医師「ビタミン剤」と交際女性にメール(毎日新聞)
口蹄疫で特措法案=殺処分損失を全額補償―民主(時事通信)
諫早干拓 長崎地裁の裁判官3人が現地視察(毎日新聞)
薬事法違反容疑で無職男逮捕=「RUSH」4000万円売り上げか―警視庁(時事通信)
<口蹄疫>ワクチン接種ほぼ終了 進まぬ「牛豚ゼロ地帯」(毎日新聞)
[PR]
# by amnmxtbbpg | 2010-05-27 16:28
参院選出馬松田公太 「イケメン経営者」の正体(J-CASTニュース)
 日本タリーズの創業者で「イケメン経営者」として人気のあった松田公太さん(41)が、夏の参院選東京選挙区にみんなの党から出馬することが決まった。「若手経済人」を人選のキーワードにしているみんなの党から白羽の矢が立った形だが、いったい松田さんはどんな人物なのか。

  「タリーズを設立した1998年5月12日から12年たった2010年5月12日、皆さんに重要な報告があります!」

松田さんは12日に日付けが変わってすぐに「Twitter(ツイッター)」でそうつぶやいた。そして同日昼、都庁で記者会見が終わったあと、

  「みんなの党から東京選挙区で出馬します!」

と宣言した。このつぶやきには100を超える応援のリツィート(返事)があった。リツィートしたのは、ホリエモンこと堀江貴文さん、サイバーエージェントの藤田晋社長、みんなの党の浅尾 慶一郎衆議院議員などだ。松田さんは、「ありがとう!頑張ります!」「ありがとうございます。日本のために頑張りましょう!」などと返答した。 

■「食を通じて文化の懸け橋になること」が夢

 日本でのタリーズコーヒーの創業者である松田さんは1968年に母親の実家の宮城県で生まれた。水産会社に勤める父の転勤で幼少期から青年期をアフリカとアメリカで過ごす。筑波大学卒業後の90 年に三和銀行(現・三菱東京UFJ銀行)に入行し営業成績はよかったものの、大銀行の看板を背負っているだけなのではないか、と疑問を持つようになり96年に退行。

 タリーズコーヒーの日本1号店を東京・銀座にオープンしたのは97年夏。手持ちの資金は2000万円で、7000万円の借金を背負ってのスタートとなった。コーヒー店を選んだのは海外での食文化差別を経験したため。当時は刺身や寿司を食べる松田さん親子を現地の人達は気味悪がった。幼い松田さんはそれが納得いかなかった。そして「食を通じて文化の懸け橋になること」に夢を持つようになる。

 コーヒーはそれほど好きではなかったが、アメリカのタリーズコーヒーを飲んで驚き、自分が美味しいと思うタリーズコーヒーを日本に広めたいと考えた。

 01年にナスダック・ジャパン(現・ヘラクレス)に株式を上場。店舗数は06年で300店舗になった。しかし、05年に米タリーズからの商標権取得で財務負担が膨らみ、店舗数を急拡大したこともあり不採算店舗も増えてしまった。そのため06年に伊藤園の傘下に入ることになり、07年にタリーズコーヒージャパン社長を退任した。

■「若者に夢と活躍の場を与えたい」

 みんなの党の渡辺喜美代表は12日の記者会見で松田さんについて、

  「民間経営者の感覚で、一経済の立て直しを一緒にやっていきたい」

 と語った。松田さんは、日本の行く末を考えれば政治を根底から変えなければならない、とし、

  「若者が夢を持ち、様々な分野でどんどん活躍できる、そんな人を増やしたいし応援したい」

と出馬の意図を語った。

  一方、松田さんはホリエモンとも友人で、12日付けのブログで、ホリエモンは、

  「彼のような海外経験豊富で実際に上場企業まで経営していた政治家というのは稀有であり、やっと本気で応援できる政治家候補が出てきたなあという感じである。全力で応援していきたいと思っている」

とエールを送っている。


■関連記事
全裸男性「局部」犬が舐め回す 「メンズエッグ」写真記事を謝罪 : 2010/05/10
電子ブックリーダー「J-CAST BOOKS」の公開記念セミナーを開催 : 2010/05/12
「仕分け」されなくてよかった 文化事業で生まれた奇跡のアルバム : 2010/05/11

普天間、徳之島町議と面会へ=官房長官が鹿児島訪問(時事通信)
警視庁警部補を追送検=酒気帯びと下着窃盗の容疑―千葉県警(時事通信)
夕張メロン 今年は小ぶり 出荷始まる(毎日新聞)
性犯罪2度服役、再び4件の男に懲役23年(読売新聞)
民法規定を認識せず受理=元妻の娘との婚姻届―兵庫・明石市(時事通信)
[PR]
# by amnmxtbbpg | 2010-05-18 20:41
76歳の車暴走、銭湯帰りの70代2人死亡(読売新聞)
 3日午後7時15分頃、奈良県天理市櫟本(いちのもと)町の市道で、近くの無職井沢章さん(76)運転の乗用車が、近くに住む岡村八重子さん(79)と大和谷(やまとだに)綾子さん(74)をはね、約10メートル先の民家に衝突して止まった。

 2人は全身を強く打ち、病院に運ばれたが、死亡した。

 天理署の発表では、井沢さんは自宅前で家族5人を降ろすために停車しようとしていたという。調べに対し、井沢さんは「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と話している。大和谷さんと岡村さんは同町内の銭湯から一緒に歩いて帰宅途中だった。

石炭火力 インドに省エネ指南 経産省 インフラ売り込みへ(産経新聞)
<豊川一家殺傷>父の給料管理は容疑者の自立目的(毎日新聞)
水上バイク事故 3人心肺停止、女性1人不明 利根川(毎日新聞)
働き盛りの近視怖い パソコンなど悪影響 深刻な視力障害注意(産経新聞)
女子高生にわいせつ 容疑の塗装工を逮捕(産経新聞)
[PR]
# by amnmxtbbpg | 2010-05-11 12:26
   

保育士の平凡日記(記録用)
by amnmxtbbpg
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> タグ
> ブログパーツ
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧